競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

予想印は!? 2/24(日) 阪急杯2019 予想 過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ

阪急杯 2019 過去のレース傾向

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

内枠傾向が強く、7枠より外は基本的に逃げ馬、人気馬の好走のみで、それ以外は厳しい

該当馬➡➡➡レッツゴードンキ、ヤングマンパワー、ロジクライ、タイムトリップ、

ラインスピリット、スターオブペルシャに、逃げる可能性ありのダイアナヘイロー、

人気の一角ミスターメロディあたり

 

 

前走3番人気以下のサンデー系は苦戦傾向で好走少ない

該当馬➡➡➡アドマイヤゴッド、コウエイタケル、スターオブペルシャ、

スマートオーディン、ヒルノデイバロー、リライアブルエース、ロジクライ、

ロードクエスト

 

 

前年G1~G2で好走歴のあった4~5歳馬は好走多く、先のデータとの合わせ技で内枠に入るとほぼ好走

該当馬➡➡➡なし(ミスターメロディが内枠に入れば……だったが)

 

 

1400mもこなすスプリンタータイプ≒中京1200mが舞台の高松宮記念に適性があるタイプが合うレース

該当馬➡➡➡コウエイタケル、ダイアナヘイロー、タイムトリップ、ダイメイフジ、

トウショウピスト、ヒルノデイバロー、ミスターメロディ、レッツゴードンキ、

ラインスピリットあたり

 

 

当日1~3番人気の人気サイドでは、「1〜2枠」「前走馬体重400㎏台後半くらいのそこそこ馬格タイプ」は堅軸(ここ数年は1〜2枠の人気馬自体みられていないが)

該当馬➡➡➡今年は、1〜2枠に入った馬が全て前走500kg以上の大型馬

 


といった感じ。

まとめ

昨年は1~14着までがコンマ5秒差にひしめく、ハンデ戦かのような僅差決着となった阪急杯。

 
 
下位との着差がつかなかった部分にも表れている通り、レース自体のレベルは指数面からも近10年では最低レベルだったとみられる
 
 
(その後の、勝ち馬ダイアナヘイローの阪神C制覇、モズアスコットのG1制覇などはあるが、このレース時点では2頭含めてさほど高いパフォーマンスだったとは言えない印象)。
 
 
また、このレースを予想する上で関連性を無視できない前年のG2阪神Cはというと、
稍重馬場で3→2→5→1番枠決着のレース。
 
 
前々で、道中とにかくこの上位4頭が内ラチ沿いを縦1列に並んで運んでいた点が象徴的なレースだった。
 
そして、その両レースを制覇しているのがダイアナヘイロー。
今回はさすがに人気するだろう。
 
 
確たる逃げ馬は今回もいないものの、前年のこのレースや阪神Cの時のような伏兵でもないし、そう楽はさせてもらえないか。
外枠にも入ったし、ここは単勝2〜4番人気想定のもと軽視の方向で。
 
 

予想印は!?ホネ的注目馬

は鉄則の内枠に入った組の中から、ラインスピリット
 
先行脚質でもあり、1400mもこなせるスプリンターとしての資質はあるタイプ。
特に、エアレーションやシャタリング作業の記述もない開幕週の馬場で、
良馬場濃厚なら、この馬のインからの好位抜け出しに期待する。
 
 
この中間、ほとんど変わらずに続けてきた坂路オンリーから異例のCWコース追いに切り替えてきた点も、意欲的。
 
 
同じ内枠勢からは、中間の追い切り内容からもレッツゴードンキも有力だとは思うが、◎よりも後ろからは明白でここは叩き台の一戦。
差し遅れは十分に想定しておかなければという印象。
 
 
加えて、明け7歳牝馬の休み明け初戦で、相変わらず人気濃厚。
人気以下に着を下げる可能性は十分とみているし、そろそろ衰えなどで大ポカがあっても不思議ない。
 
 
リョーノテソーロは、ずっと不完全燃焼が続いていて前走後も「またブレーキを踏んで、という不発競馬。捌くのが上手い騎手に変わればすぐに差し切れそうだが……。」と残念コメントを当ブログに残した馬。
 
 
そして、今回は幸騎手への乗り替わり。
幸騎手はこのレースでも17年Vトーキングドラムで押し切っているし、牡馬騎乗時は単回複回ともプラスの穴条件。
 
 
近年ひと桁馬番での好走がほとんどであるため、内半分に入ったら本命にしようかと考えていたが、少し外過ぎる印象で3番手評価。
 
 
穴では☆ヒルノデイバローに注目したい。
 
 
とにかく、鞍上も馬も淡白になってきていて、走れば走るし、走らなければトコトン走らないが、ハマった時のパフォーマンスは依然不気味なものがある。
硬い馬場で、スタートを決めればこのメンバーで56キロなら上位に来ても。
 
 
去年のこのレースは大敗だが、稍重で、しかも最後方からになってのもの。
2年前は2着と実績のある舞台。
人気はしないだろうし、それならば狙ってみる価値はありそう。
 
 
外枠で、人気筋でも逃げ馬でもないが、リピーターだけは度外視可能で3着穴では狙えるレース。
 
 
フルゲートで、確たる軸馬不在の難解な一戦だけに、仮に人気馬が来ても相手は穴ー穴という可能性も十分にありそう。
 
さすがに、◎から◯▲☆だけでは心許ないので、“次点”候補(人気馬にぶつけるか、穴へ流す波乱狙いにするか)をオッズを見極めながらうまく絡めていきたいところ。

 

 ===PR===============

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

その他今週のレースはこちら

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com