競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【フィエールマン 競走馬データ】過去レース分析 & 追い切り 回顧まとめ

f:id:yosounohone:20190713163834j:plain

 

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

 

new!! 2020/5/7 更新 

 

これまでこのブログに掲載してきましたフィエールマンの競走馬データとこれまでの追い切り評価、 レース前予想コメント、回顧コメントをまとめた記事です。

これまでのレースのふり返りや今後の予想にお役立ていただければ幸いです。

 

目次

 

フィエールマン 競走馬データ

 

鹿毛

生年月日 2015年1月20日

調教師  手塚貴久 (美浦)

馬主  サンデーレーシング

生産者  ノーザンファーム

産地  安平町

主な勝鞍  19'天皇賞(春)(G1)

近親馬  ルヴォワール、ラストヌードル

血統 父 : ディープインパクト 母 : リュヌドール

 

 

 

フィエールマン 天皇賞(春) 2020

 

レース後 追い切り評価 回顧

2020/5/3 天皇賞(春) 1着 

 

フィエールマン

予想➡➡➡◯

結果➡➡➡1着

 

鞍上の言う通りの状態(「トップコンディションではなかった」)で、前年の自身からは、約5馬身相当後方で入線したようなパフォーマンスだが、このローテで、今年は4コーナー7番手から勝ち切ったことに価値がある。

 

と、同時に2500m未満戦での単妙味低下傾向が高まった印象。

【追い切り注目馬(先週の回顧)】5/3(日) 東京・京都・福島競馬  

www.yosounohone.com

 

レース後 追い切り評価 回顧 

2020/5/3 天皇賞(春) 1着  

 

フィエールマン

 

予想➡➡➡◯

結果➡➡➡1着

 

◯フィエールマンは、さすがに苦戦したなというのがまず第一印象。

 

決して、前年ほどのパフォーマンスは見せられていないと思うし、それこそが4ヶ月半ぶりぶっつけの部分だろう。 負けていて不思議ないレベルだったのに、ユーキャンスマイルをはじめ人気馬ほぼ全馬が自滅していってくれて大助かりという1勝。

 

それでも、勝ち切ったことは十分立派だが。

 天皇賞(春)2020 レース回顧

www.yosounohone.com

 

レース前 予想

2020/5/3 天皇賞(春) 

  

瞬発戦 ※ラップ、平坦戦ラップがほぼ5分5分という条件。

 

※ラスト4Fの各区間加速内に、-0.5秒以上の加速(差)が生じるレース(例:12.5-12.0-11.9-12.2)が定義 キセキ、トーセンカンビーナ、モズベッロ、ダンビュライト、メロディーレーンとマッチ、若干瞬発戦寄りなのがフィエールマン、エタリオウ、シルヴァンシャーあたり。

 

追い切りからは、フィエールマンが中間で他を圧倒、最終追い切りを考慮してキセキがまずまず良い感じ。

※上りの高速化とともに波乱含みとなり、34秒台後半の脚が求められるレースになってきている

 

該当馬➡➡➡ミッキースワロー、キセキ、ユーキャンスマイル、エタリオウ、フィエールマン、トーセンカンビーナあたりは、この距離でも問題なくそのレベルの脚が使えそうか

※基本的に、勝ち馬は「前走4コーナー4番手以内」が必須

 

該当馬➡➡➡エタリオウ、キセキ、スティッフェリオ、ダンビュライト、フィエールマン、ユーキャンスマイル

 

傾向面としては、菊花賞の上がりの高速化は、現代競馬の象徴といってもいいほどで、ひと言「顕著」だ。

 

10年平均ごとに、ザックリ「◯◯秒の壁を突破」みたいになっている変遷状況。

 

近年は、レース上がり34秒台に突入する年も多くなってきており、ここまでに安定して34秒台の脚を使ってきているようなタイプでないと苦しい戦いになっている。

 

例えば、昨年のフィエールマンが34.2であり、グローリーヴェイズ、パフォーマプロミスが34.7であったというように(全て昨年の天皇賞(春)当時/上下限値を除いた過去好走時上り平均タイム)。

  

傾向面としては、菊花賞の上がりの高速化は、現代競馬の象徴といってもいいほどで、ひと言「顕著」だ。

 

10年平均ごとに、ザックリ「◯◯秒の壁を突破」みたいになっている変遷状況。

 

近年は、レース上がり34秒台に突入する年も多くなってきており、ここまでに安定して34秒台の脚を使ってきているようなタイプでないと苦しい戦いになっている。

 

例えば、昨年のフィエールマンが34.2であり、グローリーヴェイズ、パフォーマプロミスが34.7であったというように(全て昨年の天皇賞(春)当時/上下限値を除いた過去好走時上り平均タイム)。

 

昨年は、「前走6番手」だったフィエールマンが勝利したが、そのフィエールマンの「前走(AJCC)6番手」といえどVTRを見ればわかる通り、

 

限りなく4番手、5番手と横並び、なんなら直線を向いたところでは単独4番手ではないかと思うくらい“形式上”の6番手というもの。

 

そして、この近10年「前走4番手」以下から勝利した馬はそのフィエールマン含め3頭いるが、その3頭すべてに共通するのが前走2200m以下戦であったという点。

 

言わずもがな、なるほど納得な+2番手くらい許容状況であった。

 

 

◯フィエールマン

 

例えば、決定的に◎に当日マイナス材料が多く出てきたりした場合、1番人気でもここは大人しく◎にしてしまうであろう対抗馬。

 

何より、先にも書いた前年にいくら形式上とはいえ「前走4番手以内」をクリアせずに勝利していること、これで淀3000m超で2戦負けなしというのが、尋常じゃない舞台適性示していると考えている。

 

「データを覆した馬は、それだけで稀代の能力または適性の持ち主である」という見立て。

天皇賞(春)2020 予想 

www.yosounohone.com

 

レース前 追い切り評価

2020/5/3 天皇賞(春) 

 

フィエールマン 中間B-

 

《3走前時》中距離なら直線の長さは欲しいし、一方で、長距離になってくると行きたがってしまう部分もあって鞍上の手腕頼みと、勝ち切るには意外に課題の多い馬。

【追い切り注目馬】5/3(日) 京都競馬  

www.yosounohone.com

 

 

スポンサーリンク
 

 フィエールマン 有馬記念 2019

 

レース回顧

2019/12/22 有馬記念 4着

 

 

4着フィエールマンに関しては、パドックでは気にならなかった発汗がゲート入り時点で目立ち、ゲート内でもかなりうるさくなっていた感じで、スタートしてからも序盤は怪しい素振りも見せつつだったが、

 

すぐにサートゥルナーリアに交わされてしまったものの直線で一旦は単独先頭の見せ場まで作って4着。

 

好時計決着、グッドラックHもディープワンツーというこの日の馬場とはいえ、この展開で池添騎手でこの内容というのはかなり価値のある内容。

有馬記念 2019  レース回顧

www.yosounohone.com

 

レース前 予想

2019/12/22 有馬記念 

 

※ 前々走→前走馬体変動が±6㎏以内だった馬が、近17回の全好走馬のうち42/45頭という状況(前走~前々走で海外出走のあった馬を除く)

 

該当馬➡➡➡アエロリット、アーモンドアイ、クロコスミア、サートゥルナーリア、スティッフェリオ、スワーヴリチャード、レイデオロ、ヴェロックスの8頭が満たす

(海外戦歴を挟むのは、キセキ、シュヴァルグラン、フィエールマン、リスグラシューの5頭)

有馬記念 2019 予想 

www.yosounohone.com

 

レース前 追い切り評価 

2019/12/22 有馬記念

 

フィエールマン

(前々走時) やはり中距離での指数はまだG1級とはいえない印象をそのまま表したような3着内容で、2倍台では懐疑的にみて、3倍は欲しい(=3回に2回は負けて不思議なし)という判断から3番手にとどめた今回だったが、どうやら間違っていなかった様子。

 

少なくとも、中距離なら直線の長さは欲しいし、一方で、長距離になってくると行きたがってしまう部分もあって鞍上の手腕頼みになる、勝ち切るには意外に課題の多い馬。 

 

(3走前時) レースは前半そこそこ軽快に流れ→中盤でペースが急に鈍化→勝負どころにかけて、さあここからペースアップという矢先、逃げ馬の急ブレーキなどもあってペースが上がらず→結果、ラストはレース上がり34.5秒と近年でも非常に速くなった一戦。

 

今回は鞍上(ルメール騎手)が凄く、向こう正面手前で、持っていかれかけたあのシーンを、その後は極端に抑えつけ過ぎるでもなく、馬任せに自由奔放にさせ過ぎるでもなく、絶妙な捌きと判断で勝利へと導くエスコート、それに尽きると考えている。

  

スポンサーリンク
 

フィエールマン 札幌記念2019

 

レース回顧

2019/8/18 札幌記念 3着

 

予想➡➡➡▲フィエールマン

結果➡➡➡3着

やはり中距離での指数はまだG1級とはいえない印象をそのまま表したような3着。

 

2倍台では懐疑的にみて、3倍は欲しい(=3回に2回は負けて不思議なし)という判断から3番手にとどめた今回だったが、どうやら間違っていなかった様子。

 

少なくとも、中距離なら直線の長さは欲しい。

 

そして一方で、長距離になってくると、行きたがってしまう部分もあって鞍上の手腕頼みになる、勝ち切るには意外に課題の多い馬。

札幌記念2019 レース回顧

www.yosounohone.com

 

レース前 予想 

過去のレース傾向

※1600m〜1800m勝ち星を持ち、かつ2000m好走数の多い馬が中心のレース

該当馬➡➡➡エイシンティンクル、クルーガー、ゴーフォザサミット、サクラアンプルール、サングレーザー、ブラストワンピース、ペルシアンナイト、ワグネリアン(フィエールマンは2000m初)

※母父ND系の好走がほとんどの年でみられる

該当馬➡➡➡エイシンティンクル、ゴーフォザサミット、サングレーザー、フィエールマン、ロードヴァンドール 

 

予想コメント

▲フィエールマン

休み明けということを考えると、前走天皇賞(春)を除いた場合に中距離での指数的にはまだG1級パフォーマンスというのはないということを考えると、いくらルメール騎手でも個人的には単勝3倍欲しい、その一点だけ。

 

確かに、中距離でG1級を披露するはずだった(?)AJCCが中間熱発明けだったので、その点を加味すれば2回に1回勝つ馬と判断してもいいのかもしれないが……。

 札幌記念2019 予想

www.yosounohone.com

 

レース前 追い切り評価

 

フィエールマン

中間C+

 

(前走時)  レースは前半そこそこ軽快に流れ→中盤でペースが急に鈍化→勝負どころにかけて、さあここからペースアップという矢先、逃げ馬の急ブレーキなどもあってペースが上がらず、結果、レース上がり34.5秒と近年でも非常に速くなった一戦。

 

今回この馬に関しては鞍上が凄かった、それに尽きるといった内容。

 

向こう正面手前で、持っていかれかけたあのシーンがその象徴で、その後は極端に抑えつけ過ぎるでもなく、馬任せに自由奔放にさせ過ぎるでもなく、絶妙な捌きと判断だった。

 

 

 中間追い切り評価

【札幌11R】

フィエールマン  中間C+

【調教注目馬】8/18(日)札幌競馬

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク
 

フィエールマン 天皇賞(春)2019

 

レース回顧

2019/4/28 天皇賞(春)1着

前日に「前週の超高速馬場状態から、前日に競馬が行われない絶好馬場で行われる」と開催カレンダー的な部分に気づき、それを大いに意識した「内&前々」重視予想で臨んだが……。

 

その目安になると踏んだ「前走 4コーナー位置取り」と「枠番」に足元をすくわれてしまった。

 

まさか、直線入口1〜2番手を、フィエールマン-グローリーヴェイズで迎えようとは……。

予想➡➡➡▲フィエールマン 

結果➡➡➡1着

「ハーツ」じゃなく「ディープ」だったか、、、やっぱり平成最後の大一番を締めくくるのは。

 

与太話はさておき、世間的には「ディープが遂に淀の長丁場をも克服!」となっている風潮があるみたいだが、それはどうか。

 

今回に関しては、ディープが凄かったんじゃなくて、鞍上が凄かった。

それに尽きると考えている。

向こう正面手前で、持っていかれかけたあのシーン。

 

そして、その後は極端に抑えつけ過ぎるでもなく、馬任せに自由奔放にさせ過ぎるでもなく、絶妙な捌きと判断だった。

(やっぱりスゲえぜ、あのお人形さんみたいな顔のベビーフェイス・フランスおじさん。。。)

 

あれがなければ、恐らく敗れていた、いや完全に掛かってしまえば大敗まであったかもしれず……。

 

そういう意味では、「ディープ産駒が克服した」とは個人的には一切思わないし、やはり長距離の緩急自在のペースではまだ半信半疑と思っている。 ・・・3着に6馬身……ディープ産駒ワンツーでも。。。

 

やっぱり克服した派に寝返ってしまおうかな(笑)

いや、いけないいけない。

 

あれは 4コーナー1列目からの瞬発戦に2頭で持ち込んだからなのっ! と、揺れ動きながらもまだ自分に言い聞かせることは出来る結果( ˘ω˘ )

 天皇賞(春)2019 レース回顧

www.yosounohone.com

 

レース前 予想 

過去のレース傾向

※人気馬では、前走2200m以下からの臨戦が高確率で好走

該当馬➡➡➡フィエールマン

 

予想コメント

▲フィエールマン。

 

人気どころでは最も信頼しているが、人気でしかもアタマを描くという意味では、既出の「前走4コーナー4番手以内」を満たしてきて欲しかったというのが正直なところ。

 

いくら、万全ではなかった前走AJCCとはいえ、あの緩い流れの2200m戦であればもっと強気に乗ってくるべきだったとみている。

 

距離に自信を持っていたシャケトラのように(4角3番手からの押し切り)。

 

また、ディープ産駒でもあり、少頭数でも道中出入りのある展開を作ってきた場合には、まだ長距離戦特有のラップへの対応力に関しては、懐疑的な部分あり。

 

これで、金曜売り出し直後のように3〜4番人気ならまだしも、1番人気では少し微妙で評価を下げた。

 天皇賞(春)2019  予想

www.yosounohone.com 

 

レース前 追い切り評価

 

――長距離戦でのソフト仕上げなど各馬いろいろあるんでしょうが、それを差し引いてもフィエールマンただ一頭という感じ。

 

中間・最終追い切りともに明確に上り調子が伝わってくるのは。

ただし、この馬には課題も山積みな印象で……。

【京都11R】 フィエールマン 中間B

【調教注目馬】4/28(日)京都競馬

www.yosounohone.com

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

 

  
競走馬データ

・リスグラシュー ・キセキ ・サートゥルナーリア

www.yosounohone.com

 

毎週の重賞予想、追い切り分析、レース回顧はこちら

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク