競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

2/16(土)ダイヤモンドS 2019 & 京都牝馬S予想2019 過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ

 

G1もあって、計4重賞ということで土曜2重賞はまとめて簡易版で。

ダイヤモンドS 2019 過去のレース傾向&考察】

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

特殊条件だけに、単純に3000m超(万葉Sほか)などで好戦しているだけでも強みになる傾向あり

該当馬➡➡➡グローブシアター、ソールインパクト、ユーキャンスマイル

 

 

前走から斤量増で当日2番人気以内に推された馬は堅実に走ってくることが多く、単回複回ともに150超と外せない存在

該当馬➡➡➡グローブシアター、ユーキャンスマイル

 

 

当レースが昇級戦or格上挑戦で「前走2200m以上戦出走かつ今回ハンデ53キロ以下」は好走例多く17年ラブラドライト、18年リッジマンなどが該当

該当馬➡➡➡サンデームーティエピッツバーグ、ララエクラテール

 


といった感じ。

 

ソールインパク。オーストラリア遠征明けの一戦で過信禁物とみられているようだが、東京の長距離戦でのパフォーマンスはずっと高く、昨年と同じ54キロで、このメンバーならむしろ狙い目とみる。

 

おそらく先週と変わらずのディープ馬場で、メンバー中唯一のディープ産駒。ある程度の位置取りからジリジリと末を伸ばしてくるであろう、スタイル的にも合う。

 

レース傾向的にもピッタリなグローブシアターユーキャンスマイルララエクラテールら人気やむなしの組とは、舞台経験の差で勝るとみて本命視。

 

京都牝馬S 2019 過去のレース傾向&考察】

 1400mになって、この時期になって4年目を迎える京都牝馬S

3年前(重)、2年前(稍重)、昨年(良)と馬場状態の違いはあれど、それ以前のマイル戦時代と比較して1ケタ枠番の馬券内がめっきり減った印象。

 

 

先週までの馬場をみても、ここは内〜外に大きく広がって、直線最後の追い比べで外枠勢がどっと押し寄せるという想定で良さそう。

先週同様、枠順はカギ。

 

 

あとは、この時期の牝馬限定重賞ということもあってか、前走で好調を示し→ここに向けて引き続き好調、もしくはさらに上昇という好調馬がそのまま好走というパターンが多い。

 

 

実際、エリザベス女王杯から間隔を空けて立て直されて臨んだ16年クイーンズリング(1番人気1着)を除き、全馬が前走連対馬

しかも、連対した前走では、1番人気1着馬以外は全て人気以上に走って連対していた馬ばかり。

 

 

前走時点で「好調で、人気以上の好走も」と見られて実際に走ってきたという臨戦過程がこれまでのこのレースの成功パターン。

 

 

以上のことから、今年は

 

アルーシャ(前走1人気1着)、ミスパンテール(同5人気1着)、リバティハイツ(同10人気2着)

 

の3頭の中から、外枠に入った重厚なタイプを中心に狙いたいところ。

 (・・・意外と(該当馬)少ないな。この布陣で大丈夫か)

 

 

ただ、ここは◎カイザーバルでいきたい。大外偶数枠と、大外が不利にならない今の馬場、もうそれだけ。もともと「偶数枠でスタートを決めて」という馬だけに、願ってもない最後入れの大外枠だろう。

 

 

2走前、3走前に京都1400mを連勝しており、これで京都では秋華賞から4戦連続馬券。舞台適性も高く本命視。

 

 

以下アルーシャミスパンテールリバティハイツといったところは、

みな中間も意欲的かつ良好な点もあってそのまま上位評価。

 

 その他16日のレースはこちら
yosounohone.hatenablog.com