競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

レース結果から見つける次走注目馬!2/16(土)東京・京都・小倉 予想と結果

 

 

2/16(土) 東京競馬

【東京2R】

予想➡➡➡◎キングキャラット

「2/13調教○ 遅い時間帯に、自己ベスト更新、この日の馬場で上々の12.5-12.5をマーク。助手騎乗でなら、未勝利は余裕で突破できる馬の内容――助手騎乗

2週連続で好調教。

 

 

2/8調教○ 早い時間帯だが、自己ベストを更新。助手騎乗なら、未勝利では上の時計で上々――助手騎乗。 

 

 

☆前走狙い馬☆(前走時)1/23調教○ 全体時計は目立たないが、ラスト12.4は今の走り易い馬場ということを差し引いても未勝利馬なら優秀だろう。

助手騎乗なら一変を期待しての勝負もあり」ことで本命視。

 

 

結果➡➡➡2着

この馬以外の上位7着までが、順に4角2,4,1,4,2,4決着を、後方から外を通って2着。上がりも抜けた1位と価値高い。

ただ、レースレベル自体は指数的に微妙で、この路線では上がり目は以外と見込めないかもしれない。

 


予想➡➡➡○ゼネラルヴィント

☆次走注目馬☆(前走時)後手を踏んで最後方からのスタート。

行き脚がついてからは徐々に押し上げ、中団へ。

外を通ってロスの多い競馬だったが、結果的には閉じ込められない枠で、挽回できたことが好走につながった印象。

 

 

◎シンボリビーノとは対照的に、スイスイと押し上げ、4コーナーでの手ごたえ上々。

直線を2列目外で迎えると、1,2,4着馬(1~3番人気)が内、先行から残る展開を、

1頭馬場の3分どころを伸びて3着。

 

 

既出走馬たちを相手に、上がり1位マークでこの内容は強い。

調教内容からも伝わってくる通り、未勝利は突破できる素質あり。次走は人気必至だろうが、注目」

 

で、今回の調教は平凡で人気でも、上位評価。

 

 

結果➡➡➡4着

これだけ前が残る展開をラストで失速しているところを見ると、1300m以下のほうが良さそう。

 

 

 

【東京3R】

予想➡➡➡◎サクラルーフェン

「中間B。2/13調教○ 早い時間帯とはいえ、この日の馬場で12.7-11.9のキレは強烈。助手騎乗なら未勝利馬のものではない――助手騎乗」で、本命視。

結果➡➡➡4

追ってからジリジリで案外。3着争いまで。ただ、鞍上曰くは「前半で右に張っていて、力みを修正。そのぶんロスがあった」とのこと。

レース自体、上位馬は未勝利ではなかなかのレベルで、この馬も引き続き突破圏内。

 

 


【東京4R】

予想➡➡➡◎ノボオリエンス

「2/13調教○ 早い時間帯とはいえ、上級クラスでもラスト2F25秒台が多く見られたこの日の馬場で、デビュー前の終い12.5-12.1は非常に優秀。

これで助手騎乗なら初戦突破の可能性は相当高そう――助手騎乗」で、本命でそこそこ勝負。

 

 

結果➡➡➡3着

先頭で運び、直線では5着馬に早めに並びかけられ、その後勝ち馬に並びかけられる楽ではない展開。最後まで止まらず、健闘の部類。次走でのチャンスは小さくないだろう。

 

 

 

【東京6R】

予想➡➡➡◎レディードリー

「2/14調教は全体時計は、前日から急に時計が掛かりだした等の馬場変化がないようなら(※特にそんなことはないとみて良さそう)評価できない。

 

 

とはいえ、終い12.7-12.2はこの日唯一の好ラップと言ってもいいもの。ジョッキー騎乗だが、軽めなら。 

 

 

☆次走注目馬☆(前走)伸びあがるようなスタートで序盤最後方から。

直線でも、前が壁になって抑えたり、狭くなって切り替えたりとまともに追えなかった。それで、上がり33.5秒、0.7秒差9着なら悲観する内容ではないか。

 

 

また次走は人気薄だろうし、2~3着で狙える人気に落ち着いてくれるのなら、

引き続きこの鞍上だとしてもむしろありがたい今回の敗戦。出来れば外枠で狙いたい」

で、本命で狙う。

 

 

結果➡➡➡9

今の上がりの極端に速い、高速馬場の東京はやはり向かない。

1400mベターで、2戦連続の内枠もこの馬には合っていない印象。

 

【東京7R】

予想➡➡➡◎ミンネザング

「2/6調教○自己3位の時計をマークし、特に終いが目立つ12.4-12.3の加速ラップという内容。助手騎乗でなら、500万下は突破できて良さそうな時計――助手騎乗

 

 

で、最終追い切りも南W助手騎乗外目(馬なり)で38.8-12.9と好タイム。本命で少々勝負。

 

 

結果➡➡➡2着

先に抜け出した勝ち馬は捉えることは出来なかったが、3着以下にはきっちり差をつけた。

口々に言われている通り、この舞台が合う印象。

あとは、勝利した時のように軽い時計の出る馬場のほうがより良いのかもしれない。

 

 

 

【東京8R】

予想➡➡➡◎ラスティユース

「中間B。鞍上は関東牡馬騎乗時、複勝で○で複回ほぼプラス、産駒関東牡馬も複勝では時期、通年ともに率高くほぼ複回プラス」で、最終追い切りも南W助手騎乗外目(馬なり)で69.0-12.7と好タイム。本命で単含めそこそこの勝負。

 

 

結果➡➡➡5

ほとんどまともに追えず完全に脚を余した5着。ちゃんと追い出せたのは残り1F過ぎてからか。今の岩田騎手にしては珍しい失敗パターン。鞍上も談話している通り「ゲートをポンと出てしまい、ちょうどポケットに……」

 

 

という前半から歯車が狂っていて、完全に度外視の一戦。初の鞍上強化で臨んだレースで陣営も力が入っていただろうに、残念。

ただ、次走には繋がるだろう。※次走注目馬※

 

 

 

東京9R

予想➡➡➡アトミックフォース

「中間B」評価で、最終追い切りは内目を回ってのものとはいえ、南W助手騎乗で好タイム。妙味もあったため本命で、ワイド中心に少し増額し狙う。

 

 

結果➡➡➡1

最内枠でロスなく運べたとはいえ、ラストの弾けかたは素晴らしかった。左回り良い。恐らく、ラスト2F→ラスト1Fのところでは10秒台で突き抜けているだろう。

 

 

この馬のこれまでの内容からはちょっと驚きのキレだったが、今のような固い馬場での決め手勝負によほど適性があったのだろう。

時計的にも、指数的にも優秀で、この産駒でも少しこの先にも楽しみ持てそう。

 

京都競馬

京都5R

予想➡➡➡◯メイショウソウライ

「1/25調教○初の坂路でのまともな時計。終いまで12.1-12.5と良好で、助手騎乗なら一気の未勝利突破もあり得る――助手騎乗」で、最終追い切りも栗東CWで助手騎乗外目(一杯)で80秒台→65秒台の速い全体時計。

人気は無かったが上位評価で狙う。

 

 

結果➡➡➡15

まともに追走もできずに、離れた最後方で直線に入り、そのまま競走中止馬を除けば最下位でゴール。

 

 

前走は異常歩様で中止、今回は実質最下位とさっぱりだが、その前走も含め調教的にはこんなに走れないわけはなさそうで……。

引き続き、好調教が続くようならしばらく追いかけてみるのもありかもしれない。

 

 

 

【京都12R

予想➡➡➡◎テーオージーニアス

「中間B。2/13調教○ ジョッキー騎乗なのだろうが、ラスト2F23.3秒は久しぶりに見た。

11.6-11.7での計時で最後まで止まっておらず、これで助手騎乗によるものならこのクラスは悠々突破だろう――助手騎乗

で、他にそれ以上の評価馬もなく本命勝負。

 

 

結果➡➡➡6着

勝ち馬と同じような直線序盤から、こちらは中途半端な内を突いていて、進路を途中で外に切り替えざるを得なくなって……。完全に脚を余した敗戦。

 

 

それでも上りは上位をマークしていて、もったいないレース。

鞍上もレース後に謝っていた。

前走で外を回ったぶんの敗戦だったことと内枠だったことも、今日の乗り方に影響したか。

次は鞍上もさらに工夫をしてくるだろう。

 

 

小倉競馬

 

【小倉2R

予想➡➡➡○クーファピーカブー

「2/10調教◎ ジョッキー騎乗だろうが、それでも未勝利馬としては超抜の49秒台、1番時計、自己ベスト大幅更新の好調教。ラストも11.3-11.9で、これ以上ないだろうというような時計――助手騎乗

 

で、この厩舎らしく直前は軽め。単妙味も含めそこそこ厚く狙う。

 

 

結果➡➡➡2着

「真剣に走ったのはラスト300mくらい」との鞍上のコメントもあるなかで、ただ一頭次元の違う脚を披露。

幼いということでもあるが、それだけ粗削りでもこの着順に来るのは能力の証。※次走注目馬※

 

 

小倉7R

予想➡➡➡◎バリオラージュ

「中間A。鞍上は牡馬騎乗時、勝率30%、複勝率50%、単回プラス、産駒牡馬はこの時期未勝利も複勝は○(複回プラス)」で、最終追い切りも栗東CW助手騎乗(稍一杯)でラスト12.0秒とまずまずで、馬連含め多少厚めに狙う。

 

 

結果➡➡➡5

内、前決着で、この馬には少し上がりが早かった印象で届かず5着まで。

今日の展開ならもう少し強引にでも押し上げる競馬が欲しかったところだが。

 

 

 

【小倉10R

予想➡➡➡メイショウオニテ

「中間A+。鞍上は率○複回プラス、産駒牡馬も率○、単回200超、複回プラスと好調。(前走時、前々走時評価)」で、最終追い切りも栗東坂路で悪くない時計。

本命勝負。

 

 

結果➡➡➡9

4~5番手から直線で外を伸びてくるのかと思いきや、じりじりとしか伸びず。

初めての多頭数で、内外に馬を置いての競馬でプレッシャーもかかったか。

自身の指数パフォーマンスも低下歴然で、今日は力を出し切れなかった敗戦として度外視可能だろう。

 

 

予想➡➡➡ウインスピリタス

「中間B→1/30調教○ ここ最近では非常に時計の出る馬場だが、坂路で初の好時計で終いも24秒台前半。助手騎乗なら500万下は突破できる馬のものだろう――助手騎乗

 

で、最終追い切りは特に目立たずだったが、対抗視。

 

 

結果➡➡➡4

休み明け、大幅馬体増でもあわや3着の好内容。

1~3着はみな後方待機組が最後入れ替わっただけという感じのレースだったし、

よく頑張った。出遅れた前走を除けば、まだ底を見せていないともいえる戦績で、

調教からもクラス突破は不思議ない能力を感じさせる。※次走注目馬※

 


予想➡➡➡タガノジェロディ

「2/10調教○ 少し時間が経ったタイミングに追い切られ、自己ベスト大幅更新で終いも優秀。

デビュー戦時並みかそれ以上の好調教を消化しており注目。

助手騎乗なら好状態必至か――助手騎乗

 

だったが、他に良く見せた馬が多いレースだったため買わず。

 

 

結果➡➡➡6着

内を捌きながらよく伸びているように見えるが、鞍上が立て直して、立て直してと何度もやっている。最後のゴール前でも。

 

 

まっすぐ走らせていれば3着はあってもよかった。常にこんな着順で停滞しているようだが、鞍上さえ何とか確保できればすぐに好走できそうだが。※次走注目馬※

 

 

 

【小倉11R

予想➡➡➡ヒルノサルバドール

「2/10調教◎ 時計の出る馬場とはいえ、自己ベスト大幅更新で49秒台、

終い11.9-12.4をマーク。

助手騎乗ならクラス突破濃厚の内容――助手騎乗

鞍上は牡馬騎乗時はこの馬での1勝のみの好走で単プラの状況。

 

 

産駒牡馬が非常に好調で、この時期は(3-4-3-5)単回300超複回200超の絶好舞台」で、最終追い切りでも栗東坂路助手騎乗(強め)で好時計、終いまでしっかりの好内容。

本命で馬連など、少し厚めに狙う。

 

 

結果➡➡➡4

稍重でレース上がり38.7秒を、道中2番手→直線手前で早め先頭の競馬で押し切り図る。ゴール直前まで粘っていて、最後の最後に3頭にまとめて交わされて……というもので単なる展開のアヤ。

クラス卒業は間近か。

 


予想➡➡➡マイネルオスカル

「中間B→1/24調教○ この馬としてはたしかに手控えた全体時計だが、終い23秒台11.8-12.1は強烈。ジョッキー騎乗なのだろうが、この内容なら騎乗者によらず一杯とかでなければ好勝負必至だろう――師騎乗

 

 

で、最終追い切りも栗東坂路助手騎乗(末強め)50.7-36.9-24.1-12.3と出色の内容で対抗評価。

 

結果➡➡➡3

間隔が空いての一戦でも、パフォーマンスは休み前からじわじわと上昇傾向。

この馬もクラス卒業近そう。今日は◎を目がけて、ちょうど自身が交わして勝ったかと思ったところに、内外からハイペースを利して差し込んだ2頭の強襲に遭ったというだけで、勝ちに等しい3着。

 

 

 

【小倉12R

予想➡➡➡○グッドジュエリー

「2/8調教◎ 時計の出る今の馬場とはいえ、10時台の遅い時間帯の自己ベスト並、この日の1番時計マーク。しかも、ラストは11.8-12.1の超抜フィニッシュ。

 

 

500万下では遥かに上位の時計だし、3走前~4走前の最終追い切り並みかそれ以上で好調必至。助手騎乗によるものならアタマは堅いか。勝負可――助手騎乗

 

 

で、最終追い切りは小倉ダートコースで軽めに終始も、妙味十分で本命視。

単も含め厚めに勝負。

 

 

結果➡➡➡5

全く進んで行かず最後方の前半から、4角回っての抜群の末脚との後半と、前後半でまるで別馬のような競馬ぶり。

破格の上がり3Fだった。いつもこういう極端な競馬だから、これでもこの馬にとってはスムーズに運んでいるということだろう。

 

 

今さら、この極端な脚質をどうこうというのはナンセンスな気もするし、

案外こういう馬が少しでもポジションを取りにいったりすると伸びなかったりなんてことも……?

 

あとは、勝った時のように、開催後半などの差し馬場に運命を委ねるしかないといったところか。

 

 ===PR===============

 《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める! 

その他最新記事はこちら

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com